安全に駆除

生活スペースに蜂の巣を発見した場合には、まずは巣の様子を見た上で、危険性が高いと判断した時には巣を退治する必要があります。特に蜂の巣ができた場所が多くのこどもたちが通る場所であったり、居住スペースの場合には、早めに退治しておく必要もあります。蜂の中でも、ミツバチなどの場合には、危険性は少ないとされていますが、人間が頻繁に通る狭い場所では、刺される危険性は高くなります。加えて、凶暴な性格といわれるスズメバチが巣を作った場合には、その危険性は更に高くなります。加えて、蜂にとっては、その生息地域が狭まる事で、人の住むスペースに侵食する経緯を辿る事もあります。そのため、蜂の巣退治については、今後も実施されるケースが増えていく事が予想されます。

蜂の巣退治を実施する場合の注意点として、まずは自分で実施する場合には、基本的な事ではありますが、防護服などは準備して作業を実施する必要があります。蜂に刺された場合には、人によってショック死に至る可能性がある事は広く一般にも認知されています。とにかく蜂に刺されない様にしておく準備は最低限しておく必要があります。作業についても、高所であったり、天井裏の場合には、作業に伴う人為的な注意も必要になります。その点には十分留意して、難しいと感じた場合には無理をせず、専門業者に作業を依頼する様にしてください。また、薬剤を散布して蜂の巣退治を実施する事が多いですが、からだへの影響などには注意して取り扱う様にしてください。それぞれの液剤に関する注意書などには予め目を通しておく事も必要です。