病原菌を宿す

ねずみは、一見すると小さくて可愛くも見えますが、その生態については、衛生環境の悪い中で生息する特徴があります。自分の行動範囲にフンをしたり、そのからだには寄生虫などもいますので、そのねずみが自分の家に侵入していたら、ねずみ退治をしておく事が自分の、あるいは家族の健康を守る事にも繋がります。ねずみ退治に関するこれまでの変遷としては、日本でも古くから『ねずみ返し』という言葉に見られる様に、ねずみを寄せ付けない工夫などは施されていました。同時に、猫がねずみを捕らえる習性ももっているため、猫にねずみ退治をさせていた事などもありました。現在でも酪農家や農家では、捕獲器を利用したり、猫を飼うなどは行われています。最近では、昔ながらの方法と併せて、超音波機器などを利用したねずみ退治の方法も実施されています。

ねずみについては、遠くで生きている分には構う事もありませんが、自分の居住スペースにその形跡があった場合には、まずは人間への健康被害、家屋や衣類、食材への被害などを食い止める必要があります。ねずみは、人間に飛び掛ってきたり、寝ている時にからだの一部をかじってくるこ事もある凶暴な面をもった雑食性の生き物でもあります。加えて、繁殖率も高く、成長が早いのも特徴になっていますので、ねずみが減る傾向は中々見られません。ねずみが人間の居住区域に侵入し、住む可能性は高くあります。今後も各人がねずみ退治を実施すると考えられますが、その方法については、進化していく可能性ももっています。殺鼠剤などに対するねずみの免疫力がついているため、既存のものでは効果がなくなる事なども考えれます。より効果のあるものが開発され、暫くの間は人間とねずみの知恵比べが続くとも見られます。