猛暑の影響で

近年増加傾向にあるとされている被害のひとつに、蜂の巣の被害を挙げることができます。これは近年、真夏の気候が猛暑を迎えることが多くなっているために発生している現象であるとされています。夏に猛暑が続くことによって蜂の動きが活性化し、その結果としてより広範囲で、より多くの蜂の巣が作られてしまうことになるのです。そのため、これまで蜂の巣の被害にあったことがなかったような地域においても、今後蜂の巣を目撃する機会が増加するといったことは十分に考えられるものとなっているのです。夏の猛暑はなかなか止まる様子を見せず、連日のように記録を更新したり、地域事の気温の上昇状態の競いあいなどが行なわれていますが、その背景でこういった被害が拡大しているといったことは覚えておくといいでしょう。

この蜂の巣が自宅の軒先などに作られてしまった際には、これの退治をしたくなる方が大半だと思います。しかし、基本的に必ず退治する必要がある蜂は、攻撃性の高いスズメバチに蜂の巣を作られてしまった際だけであるといった点は覚えておくといいでしょう。またこのスズメバチ退治にあたっては、絶対に個人で行なうのではなく、害虫駆除業者などの専門業者に依頼をして、かわりに退治してもらった方がいいといったことも、合わせて覚えていくといいでしょう。これは、蜂の巣を取り除く為に巣に近づくという行為は、最も蜂に攻撃される可能性を高める行為となるためです。スズメバチに一斉に襲い掛かられ、刺されてしまうと、最悪のケースでは命を落とすこともあるため、専門業者に退治をしてもらうのが一番なのです。