駆除をするならプロに任せよう

駆除専門

ノミはノミ目に属する昆虫類であり、ヒトノミ、ネコノミ、イヌノミ、ネズミノミなど約1800種が存在する。ノミはある程度寄生宿主を決めて、吸血するが、寄生宿主から離れた個体は動物が発する二酸化炭素を頼りに近くを通る温血動物に一時寄生して吸血する。近年は衛生環境の向上により、日本ではヒトノミを見る機会がほとんどない。また、ペストを媒介するネズミノミもネズミが人の生活環境では見れなくなっているので、ペストの発生はほとんどない。現在、私達が悩まされているノミの害はペットとして飼われているイヌ、ネコから発生したノミが人を吸血する害である。ノミは行動が素早く、手で捕まえようとしてもそのジャンプ力で逃げられることが多い。そのため、ノミ駆除には薬品等を用いた駆除を行う必要がある。

ノミ駆除は成虫、幼虫、卵とノミの生態に合わせたノミ駆除方法を選択する必要がある。まず、成虫は手で叩いて潰したりすると、腹に持っていた卵が散乱して更なる発生を促進する可能性があるため、粘着ローラーなどを用いて捕獲したほうが良い。個体数が多い場合はくん煙殺虫剤を用いて抹殺する必要がある。幼虫は非常に小さく、カーペットなどの隙間に入り込み有機物を食べて成長するため、容易に捕獲することができない。そのため、速乾性の液体殺虫剤を撒いて駆除する必要がある。卵はさらに小さく、ノミが産卵してわずか1〜6日足らずで孵化し、幼虫となる。ただし、タマゴは気温が27℃以上で湿度が50%以上ないと孵化できないため、除湿して、掃除をまめにすることで発生を抑えることができる。 現在のノミはほぼイヌ、ネコを媒介しているので、ペットは清潔に保ち、野良ネコ、野良イヌは家に近寄らせないように工夫することがノミ駆除の第一歩として最も重要である。

猛暑の影響で

蜂の巣についての被害はとても増加してきています。特に夏の猛暑の時期には、蜂の動きが活性化していることがありますので、蜂の巣を発見した場合には、退治専門業者に依頼して解決していきましょう。

病原菌を宿す

ねずみは昔から人の天敵といえるでしょう。これらは食物を荒らすだけではなく、病原菌なども体内に宿しているので、環境しだいでは多くの人に感染させてしまう可能性があります。

安全に駆除

蜂の巣退治を職業にする人が増加しています。個人でも蜂は退治できるかもしれませんが、専門業者が利用している道具などがなければとても難しく、怪我をしないで駆除できるものではありません。